2013年6月16日

CANVAS LMSの公開コースを作成しました。


是非、体験してみてください。


Resonant社運営、CANVAS LMS の公開コースです。


CANVASには以下のような特徴があります。



  • リッチコンテンツエディタ、カレンダー、オンラインテスト、グループ、課題(レポート提出)、成績管理などの機能を利用して、授業支援システム を構築できる。

  • ユーザビリティとアーキテクチャを差別化ポイントとしている。

  • Google Docs、Facebook、Twitterといった外部のWebサービスとの連携が可能。

  • Ruby/Ruby on Rails製のオープンソース・ソフトウェアとしても提供されている。


2013年6月14日
レゾナントニュース

CANVAS LMS 詳細情報掲載しました

Ruby/Ruby on Rails製のオープンソース・ソフトウェア、「CANVAS」の特徴や機能を紹介したページを公開いたしました。

「CANVAS LMSのご紹介」ページはこちら

 


2013年6月10日

【Ruby/Ruby on Rails製のオープンソース・ソフトウェア、CANVAS 構築支援】

-オープンソースパッケージを活用したLMS「CANVAS」サービス


6月10日より米国Instructure社が提供するRuby/Ruby on Rails製のオープンソース・ソフトウェア、「CANVAS」の構築サービス(導入機関ごとに個別提供)を開始しました。レゾナント社は教育機関でも利用が多い、CentOS,MySQLをベースにオープンソース(AGPLv3)で提供されている「CANVAS」アプリケーションを使用してサービス提供を行います。


■「CANVAS」主な機能

学生(受講者)

・授業資料の確認、ダウンロード ・課題(レポート)提出 ・オンラインテスト受講

・ディスカッション(電子会議)参加 ・eポートフォリオの作成、公開、ソーシャルコメント

・共同作業(Google Docs等を使用した共同論文作成)

講師(教員)

・授業概要(シラバス)作成 ・授業資料の提供 ・課題(レポート)提出登録

・ディスカッション登録 ・コース(授業)でのお知らせ作成 ・オンラインテストの登録

 


 


2013年4月1日

 


 


【授業支援システムにeポートフォリオ、動画配信機能を連携させたMOOC構築支援】


-オープンソースパッケージを活用した「オープンムークlms」サービスの提供-


  レゾナント・ソリューションズ株式会社(首都圏事業所:東京都渋谷区、以下レゾナント)は大学、教育機関で主に導入されているオープンソースのLMS(授業、学習支援システム)をベースに、eポートフォリオ・達成度評価管理、ストリーミング動画配信機能を連携させたシステム(サービス名称、以下オープンムークlms)の提供を4月1日より開始しました。


「オープンムークlms」は授業支援システム(Moodle)、eポートフォリオ・達成度評価管理システム、ビデオサーバ(Kaltura Video Platform CE)により構成され、大学や企業、自治体が特定組織内でオープン(一般公開も可能)な学習・研修コースの利用で学生、社員、職員のスキルアップにつながるシステムが構築できます。


「オープンムークlms」サービスでは大学、教育機関独自の要望で他システムとの連携、既存機能へのカスタマイズ、独自機能追加、学内データセンターへの構築も行います。(レゾナント社提供クラウドサービス内での提供も可能)

他大学との差別化、入学、入社希望者への広報利用等に有効です。利用者はインターネットに繋がったパソコンだけでなく、タブレット端末、スマートフォンからも利用できるので場所を選ばずに(インターネット接続環境は必要)ストリーミング動画による内容理解や課題提出、フォーラム投稿(電子会議)、


eポートフォリオの作成を行うことができます。

また、サービスの提供、拡大を行うため提携企業、コンテンツ提供教育機関を募集し、事業展開を行います。(今年度導入目標は10機関を予定しています)

実際に使用しての導入検討ができるよう自社運営ムークサイトの公開も行います。

http://lms.resonantstyle.com) 


■想定される導入事例


1.大学、教育機関での利用


 既存LMSの拡張として動画連携、eポートフォリオ機能を使用

 外部への講義情報発信(中、高校生、父兄向け)を行い、入学へ結び付ける。

 キャリアセンターでの就職支援システムとして利用

 大学独自MOOCの構築


2.企業、自治体等団体


 社員、職員のスキルアップ、達成度評価システムとして利用

 バーチャルコンベンションが開催できるシステムとして利用


3.塾、語学(英語等)学校


 授業支援システムとして受講者への付加サービス提供(スマホ、タブレット端末対応)


■用語説明


 MOOC:Massive open online course (MOOC) は、WEB上での無料で参加可能な大規模講義のことである。おもにアメリカの大学で運営されており、基本的に無料で参加することができる。各種アプリケーションが開発されており、ビデオ講義を受けるだけでなく、知識確認のための試験問題などを受けることができる。(ウィキペディアより抜粋、引用)


■レゾナント社運営「Open MOOClms」サイトアドレス http://lms.resonantstyle.com


 


2013年3月25日

大学、教育機関で主に導入されているオープンソースのLMS(授業、学習支援システム)をベースに、eポートフォリオ・達成度評価管理、ストリーミング動画配信機能を連携させたシステム (サービス名称、以下オープンムーク)の提供を4月1日より開始予定です。

 「オープンムーク(Open MOOC)」は授業支援システム(Moodle)、eポートフォリオ・達成度評価管理システム、ビデオサーバ(Kaltura Video Platform CE、Red5 Media Server)により構成され、大学や企業、自治体が特定組織内でオープン(一般公開も可能)な学習・研修コースの利用で学生、社員、職員のスキルアップにつながるシステムが構築できます。

 詳細サービスについては4月1日にニュースリリース予定です。

 


  
« 1 2 3 (4) 5 »